ジュニアプログラミング検定の資格が入試の先行判定の優遇対象になりました!

こんにちは!

本日はジュニアプログラミング検定についてお知らせです。

ジュニア・プログラミング検定の合格者が、大妻嵐山中学校が実施する2020年度入学対象の入学試験(プログラミング入試)において選考判定の優遇措置対象資格となりました。

プログラミング教育に力を入れている大妻嵐山中学校では、2019年度入学対象の入学試験よりプログラミング入試を実施しています。
同校では、ジュニア・プログラミング検定に合格した児童のチャレンジ精神を評価したいという考えから、2020年度入学対象の入学試験(プログラミング入試)の選考判定において、同検定の合格者に対して優遇措置を行うこととしました。
大妻嵐山中学校以外の中学校でもジュニア・プログラミング検定合格者の入試優遇措置が採用されております。
都道府県 学校名 優遇対象となる級種 優遇の内容
埼玉県 大妻嵐山中学校 全級 プログラミング入試において合格判定を優遇
東京都 八王子実践中学校 全級 プログラミング入試において実技試験を免除
神奈川県 相模女子大学中学部 全級 プログラミング入試において合格判定を考慮
Sachoolのある仙台圏ではまだそういった取り組みは見られませんが、
今後、プログラミングスキルやこれまで取り組んだ内容が
学校の入学選抜時に優遇されていくのは間違いないでしょう。
Sachoolでは毎月プログラミング検定を実施しています。
生徒の方も、生徒でない方も受験可能です。
(生徒の方には受験前の準備も授業内で行っています)
2019年11月12月の日程はこちら
https://sachool.jp/staff-blog/sachool-kids/2112/
ぜひ、この冬は自分の力を試してみてはいかがでしょうか??
受験はお電話、またはお問い合わせフォームからご連絡くださいませ。
お問い合わせはこちら
今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*