出張

んー十年の前の初めてのお使い(米国出張) 3

スタッフの生田です。

さて、第3回目。この回が最終回です。

ロスからサンノゼまで ロスに着き、そのままバス(上司の計らいで様々経験できるようにと、バスでの移動もあった)で、オレンジ郡へ。チケットを買い、乗車乗り場を確認、ドライバーにも確認。徐徐に慣れてきている自分が嬉しくなってきています。このあたりで、米国への思いが一変してきていました。それまでは、日本は既に米国を抜いているといった驕りがあったことを否めませんでした。地価で上回ったこと、米国製品を輸入してやっている(取引先も買ってやっている。一定割合を購入する義務のような空気もありました)などと本当に傲慢っだ気がします。ところが、米国に着いて、さまざまな量(航空機の便数、バス便数、勿論食事も)、大きさ(国土は勿論)といったいわば度量の大きさに圧倒されたり、空港等でトイレットペーパーは勿論、お湯やハンドソープ、更にはペーパータオルも設置されていることに感心したものです。当時まだ日本ではトイレットペーパーは売られていたのですよ。そして、本当に皆さん、親切だったんです。バスドライバーの方は楽しそうに仕事していらしたし。。 まあ、何はともあれ、ロスからオレンジ郡にあった取引先に寄って、ジョンウェイン空港へ。そこからサンノゼに向かいました。サンノゼ空港からはタクシーです。こちらは、チップを計算して渡さなければいけません。不思議(ごめんなさい)なことに、米国人は場所ごとに異なるチップのレートを暗算してチップを渡せるんですね。10%という切りのいい数字ならいざしらず。

続きを読む

んー十年の前の初めてのお使い(米国出張) 2

スタッフの生田です。

さて、前回の続きをお話したいと思います。

ロスにて 入国審査は練習を重ねていたので、どきどきしながらもクリア。ただ、質問される前にベラベラと余計なことまで話していた記憶があります。しかしながら、荷物受け取りの時、恥ずかしい出来事(これから何度も披露するのですが)。

荷物受け取り場所を探してもbaggage claim としかなく。あれ?どこで受け取るんだろう?でも、何故クレーム場所はいっぱいあるんだろう?と。仕方なく?恐る恐る周囲の人に聞いてみると、当然、baggage claim を教えてくれるですが、当時の自分はclaim = クレームと思い込んでいるので、理解できるはずもなく、”何だよ。違うよ” とトンチンカンにも何度か聞くことを繰り返し、仕方なく?baggage claim へ。。すると、僕一人の荷物がコンベヤをぐるんぐるんと回っていました。。(ごめんね)。

ホテルのチェックインもドキドキです。何せ、予約見つからないと言われたら路頭に迷いますので。ここは無事チェックイン。風呂に入ろうと、髭剃りセットを頼むと、快く直ぐに小さな箱が届けられ。。開けてみると、ん??裁縫セットが。何で??。もう1回頼むとまた同じ箱が。。外装は同じだけど、中身が違うのかなと開けてみると、やっぱり同じ。あと2回続き。。仕方ないので、持ってきてくれた時にジェスチャーで髭を剃るまねをしたら、Oh, shaving kit , not sewing kit.といってようやく髭剃りを持って来てくれました。(後日談ですが、帰国後上司にこのことを報告し、発音すると、”当たり前だ”と言われました。(苦笑))それにしても、途中気がつかないのかなとか、いくつまで持ってきてくれるのだろうかなどと思ったものです。

続きを読む

んー十年の前の初めてのお使い(米国出張) 1

スタッフの生田です。

日本全てを売ったら米国を買えるといわれた時代に初めて米国出張に行った時のことを3回に分けてお話したいと思います。

(但し、記憶を元にしているので、不確かな部分もあること予めご了承下さい。)

当時は商社に勤めており、上司から研修を兼ねた米国出張を命じられました。

それまで、僕は海外に行ったこともなく、上司としては、初めてのお使いの親的な思いもあったのではないかと。。

国内含む行程は、横浜で成田エクスプレスに乗り、成田~ロスアンジェルス 1泊~ラスベガス 3泊~サンノゼ3泊~ポートランド経由~成田でした。

続きを読む