【プログラミング教育の普及推進】「地域主体による自走的・持続的なプログラミング教育人材の育成と実証」プロジェクトを実施します

株式会社サックルの運営するプログラミングスクールSachool (サクール)は宮城県仙台市内の小学校と山形県米沢市内の小学校を会場に放課後教室などと連携し、「地域主体による自走的・持続的なプログラミング教育人材の育成と実証」プロジェクトを実施する。

各地域において、メンター(プログラミング指導者)の育成と小学校での実証を行う。

このプロジェクトは、総務省が2016年度より実施している「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業クラウド・地域人材利用型プログラミング教育実施モデル実証事業として選定されており、地域在住の高校生からシニアまで幅広い世代をメンターとして育成できる、地域主体の自走可能なプログラミング教育人材の育成環境を構築する。また、定量的・定性的な評価やインストラクショナルデザインを活用したSachool考案のカリキュラムにより、より効率的・効果的なメンター育成およびプログラミング教育方法を追求することを目的とする。

 

概要

■仙台市内
メンター研修:8月17日、8月18日(開催会場は別)
プログラミング講座:8月23日、8月24日
開催会場:将監小学校

メンター研修:6月29日、7月4日
プログラミング講座:7月26日、8月8日、8月9日
開催会場:聖ドミニコ学院小学校

■米沢市内
メンター研修:6月21日、7月6日
プログラミング講座:8月29日、9月13日、9月27日
開催会場:松川小学校

問い合わせ先:株式会社サックル
プログラミングスクールSachool (サクール)担当
info@sachool.jp

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*