SCRATCH tipsか? その1

SCRATCHを使っていて、おやっ???と思ったので記事にしてみました。

1つのスプライトに同じイベントを2つ、それぞれに違う処理を与えた場合、そのブロックの場所で結果が変わりました。

 

20161025_103

 

2つは「表示する」、「隠す」の順にブロックを作りました。

この状態でスタートすると、スプライトは「隠す」の状態になりました。

次に「表示する」側のブロック群を右に移動させて、次のような配置にしました。

 

20161025_104

 

すると、今度は「表示する」の状態になりました。

場所の関係かな?と思いましたが、さらに3つ、4つ・・・とブロックを追加したり、移動させたりしたら、そうでもないようです。

どうもSCRATCHのブロックの処理順には、次のような決まりがあるように見えます。

 

1つのスプライトに同じイベントが複数ある時の動作

 ・作った順番に動く

 ・ブロックを移動させると、処理順が一番最後になる

 ・移動させずに他処理のブロックを追加しただけでは、処理順は変わらない

 ・きれいにする、を使って整列させても処理順は変わらない

 

リストを作って、順番に追加させると、この動きがよくわかります。

 

20161025_107

 

ホントかウソか?試してみてください。

以上、Sachoolスタッフの遠藤でした!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*