プログラミングの練習サイトとは?おすすめのサイトを紹介

プログラミングは知識習得だけでなく、実際に手を動かしてコードを書くことで上達していきます。一定の知識を身に付けることは重要ですが、プログラミングは実際に手を動かしてこそのものです。そういう意味ではものづくりに近いでしょう。

しかし、プログラミングを本格的に行うためには環境構築が必要で、この環境構築がうまくいかずに挫折してしまうケースもあります。そこでおすすめなのがプログラミングの練習サイトです。手軽にプログラミングができる便利なサービスです。

ではどのプログラミング練習サイトを使用すれば良いのか、よく似ているプログラミング学習サイトやプログラミングスクールとは何が異なるのか、などについて解説していきます。

プログラミング練習サイトとは

プログラミング練習サイトとは、プログラミングの練習ができるサイトです。どのような練習かについて具体的な定義はないものの、ここではコードを直接書いて練習できるサイトとします。

プログラミング学習ができるコンテンツはいろいろありますが、サイト内にエディタなどが用意されていて、コードを書いて実行できる練習サイトはプログラミング学習に役立ちます。

プログラミング学習サイトとの違い

プログラミング学習サイトとプログラミング練習サイトに明確な違いはありません。あえて区別するなら、プログラミング学習サイトはプログラミング学習ができるサイト全般で、プログラミング練習サイトは実際にコードを書いて練習できるサイトとなるでしょう。

とはいえ、プログラミング学習サイトと呼ばれているサービスも多くの場合エディタが用意されていて、そこにコードを書いて実行できます。ある程度のレベルまでは環境構築が不要ということです。そのため、プログラミング学習サイトとプログラミング練習サイトは概ね同じものと考えて問題ないでしょう。

プログラミングスクールとの違い

プログラミングスクールとプログラミング学習サイトやプログラミング練習サイトは明確に異なります。プログラミングスクールは講師がプログラミングを指導してくれるサービスです。あらかじめ用意されたカリキュラムが提供されて、わからないところがあれば講師に質問をします。

プログラミング練習サイトの選び方

プログラミング練習サイトは数多いです。プログラミングの学習環境はどんどん良くなっていて、一昔前では考えられないような便利に学習できるサービスが急増しています。そのため本人のやる気次第でプログラミングスキルを身に付けられるのですが、サービスが多すぎて迷ってしまうケースも多いでしょう。ここでは、プログラミング練習サイトの選び方を解説します。

習得したいプログラミング言語を使用可能か

プログラミング練習サイトによって扱えるプログラミング言語が異なります。主要なWeb系言語はほとんどの練習サイトで扱っているはずですが、マイナーな言語やWeb以外の開発で用いられるような言語を学びたい場合はサイトに用意されていないかもしれません。当たり前ですが、大前提として自分が学習したい言語を扱っているサイトを選ぶ必要があります。

無料か有料か

プログラミング練習サイトだけでなくプログラミング学習サイトでも同じですが、無料のサービスと有料のサービスがあります。また同じサイトでも、無料枠と有料枠が分けられている場合があります。

有料のサービスではコンテンツが無料よりも多かったり、登録している現役エンジニアに質問できたりといった付加価値が用意されている場合が多いでしょう。そのため有料サービスの方が平均的に優れていると考えられますが、有料サービスでないとスキルが身に付かないわけではありません。

無料のサービスのみで基礎を身に付け、後は独学で手を動かしながら実践的にスキルアップしていく、といったことも可能です。無料で学習するか有料で学習するかは人それぞれで、またそれよりもサービス内容を見てお金をかけるべきかどうか判断するのがおすすめです。

有料のサービスでもプログラミングスクールなどと比較すると圧倒的に安価で、数千円で十分学習できるサービスがほとんとです。

おすすめのプログラミング練習サイト

おすすめのプログラミング練習サイトを紹介していきます。基本的には人気のサービスを選ぶと良いです。人気のあるサービスはそれだけクオリティが高く、またユーザー数が多いとそれだけ情報も多くなり、利用しやすくなるからです。

Progate

Progateは株式会社Progateが運営するプログラミング練習サイトです。環境構築が一切不要で、画面にコードを書いて実行できます。まずはスライド形式の講義で基本的な知識を身に付け、その後に実際にプログラミングしていく学習方法です。

扱っているプログラミング言語は豊富で、Web系の言語はある程度網羅していて、さらにSQLなどのデータベース言語まで用意されています。またプログラミングする内容は出された演習問題に回答する流れになっているので、何を書けば良いのか悩むことはありません。

無料版と有料版が用意されていて、有料版になるとより上位のコースを受けられます。まずは無料版を試してみて、合うようなら有料版にグレードアップすると良いでしょう。有料版は1ヵ月1,078円(税込)で、すべてのコースを学習できます。

paizaラーニング

paizaラーニングは基本的には動画学習サイトですが、コードを記載し、実行することが可能です。動画は短く簡潔にまとめられていて、動画視聴後に実際にコードを書いてみるという流れになります。

演習問題に合わせてコードを記述するので、何を書けば良いのか困ることもないでしょう。またナレーションは女性の声優なので、動画コンテンツを楽しめる点も魅力です。paizaラーニングも無料プラント有料プランがあり、有料プランでは応用編などのコースを受けられます。

月額料金は1ヵ月1,078円(税込)、6ヵ月4,488円(税込)、12ヶ月7,200円(税込)のプランがあります。長く利用するのが決まっている場合は長期プランを選んだ方がお得ですが、長期利用するかどうかが決まっていない場合は、1ヵ月プランで試すのがおすすめです。

6ヵ月プランの場合は月あたり748円、12ヶ月プランは月あたり600円とお得ではありますが、そもそもの料金設定が低めで、また短期間で使わなくなってしまった場合はむしろ損になります。実際1ヵ月プランがもっとも人気があります。

プログラミング練習サイトの注意点

プログラミング練習サイトを利用することで、基本的なプログラミングスキルが身に付きます。しかし、あくまでも基本的なスキルという点は注意が必要です。なぜならプログラミングはモノづくりの面が強く、自分で設計する能力や設計に基づいてコードを書く能力が重要だからです。

プログラミング練習サイトを通して基本的な知識が身に付き、また用意された課題をこなすことでコードを書くスキルも身に付きます。しかしゼロから設計したり試行錯誤しながら書いていく作業は別物なので、練習サイトで一定のスキルが身に付いたら実際に自分で設計して書いていく作業が不可欠です。

SNSでもご購読できます。