子供がプログラミング学習を始めるのに必要なものや学習方法を解説

プログラミングは年齢、性別、学力などとは関係なく、始めようと思えれば誰でもすぐに始めることができます。そういう意味では、やる気さえあればスキルが身に付いてくると言えるでしょう。逆に言えば、やる気がないとどれだけ道具や環境がそろっていてもスキルは身に付きません。

最終的には、自分自身で情報収集し、手を動かして実践していくことがプログラミングのスキルアップにおいては重要だからです。自ら進んで時間と労力をつぎ込むことでプログラミングスキルが上がっていくということです。

しかし、最初の段階では何から情報収集すべきか、何を準備すべきかよくわからないはずです。子供の場合はなおさらハードルが高いかもしれません。

そこで、学習に必要なモチベーションとは別に、具体的に用意するものを解説していきます。

プログラミングに最低限必要なもの

プログラミングを始めるのに最低限必要なものは以下です。

  • パソコン
  • インターネット環境

おそらく多くの家庭にはすでにあるものでしょう。そのため、プログラミングに最低限必要なものはすでにそろっているということです。つまり、今すぐにでもプログラミングを始められます。

少し情報収集してやってみれば、数分後には自分の簡単なプログラムが動いているくらいに、実はプログラミングのハードルは低いです。またパソコンのスペックやインターネットの速度は一般的なもので問題ありません。

何年も前に買ったパソコンと何年も前に契約したインターネット環境でも、問題なくプログラミングができます。かなり以前からパソコンもインターネットもプログラミングに問題ないスペックになっているので、たとえば10年前のものでも問題ありません。

新たに購入せず、まずは今持っているものでプログラミングを始めてみるのがおすすめです。

プログラミングのために準備する必要があるもの

パソコンとインターネット環境があればプログラミングを始められるということでしたが、ではそこからは、何から始めれば良いでしょう。

ここで必要になるのが情報収集ということになりますが、具体的に何の情報収集をして、何を用意すればプログラミング学習が進むのかを挙げていきます。

  • 学習のためのコンテンツ
  • プログラミングを教えてもらえる環境
  • プログラミングのための環境

今の時代はプログラミングの学習環境が充実しているので、学習方法は人それぞれです。また上記すべてを最初からしっかり用意しなければならないわけでもありません。たとえば、本格的な環境構築は行わずに、オンラインで簡単にコードを実行できる環境を利用するケースもあります。

最初から本格的な準備をするとハードルが上がるため、まずは簡単な環境から始めるのも一つの選択肢です。以上を踏まえたうえで、それぞれ簡単に解説していきます。

学習のためのコンテンツ

学習のためのコンテンツは年々充実しています。そのため、以下のようにいろいろな選択肢があります。

  • 市販の本
  • 学習サイト
  • プログラミングアプリ
  • 動画コンテンツ
  • プログラミング教室
  • 親が教える

上記のような選択肢があります。大人がプログラミング学習を始める場合は、どのコンテンツを選んでも問題ありません。コンテンツの種類に限らず、しっかりと吸収して実践的に手を動かしていけば確実にスキルは身に付いていくでしょう。

しかし、子供の場合はコンテンツが限られます。たとえば、市販の本などは大人向けに書かれたものが多いので読んでも難しくてわからない可能性があります。動画コンテンツなども大人用に作られているので、見ても話の内容を理解できない可能性があります。

そこで現実的な方法としては、プログラミングスクールを利用するか、親が教える方法があります。親がもともとプログラミングスキルを持っている場合は、どうすれば子供にわかりやすく伝わるかを考えて教えていきます。

親がプログラミングスキルがない場合、先に親がある程度学習し、子供に教えていくことになります。プログラミングスクールの場合はゼロからサポートしてくれるので、親の労力はかかりません。時間などの観点から親がサポートするのが難しい場合は、オンラインやオフラインのプログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

プログラミングを教えてもらえる環境

プログラミングはいずれは自ら学ぶものですが、最初の段階では、特に子供の場合は自分で学習するのが難しいでしょう。そこで重要なのが、プログラミングを教えてもらえる環境をいかに作るかです。

書籍や動画コンテンツで学習している場合、質問ができるサイトや親が教えることになります。子供にとってサイトで有識者にうまく質問するのは困難なので、親が教えることになるでしょう。

プログラミングスクールを利用する場合は、講師が教えてくれます。学習カリキュラムを提供するだけでなく、教えてくれる環境を作るという点でも、プログラミングスクールは優れています。

特にプログラミングは実際に手を動かしてやってみるとつまづくことが多い、むしろつまづいてからが本番と言っても過言ではないので、教えてもらえる環境がないと大人でも大変です。子供だと挫折してしまう可能性がかなり高いため、徹底したサポートがあった方が良いでしょう。

プログラミングのための環境

プログラミングのための環境とは、プログラミングを行うために必要なツールなどのことです。具体的には以下が挙げられます。

  • エディタ
  • ドローツール
  • コードの保存や公開ツール

すべてが必要なわけではありませんが、少なくともエディタは必須でしょう。エディタとは、プログラミングを行うメモ帳のようなものです。厳密にはメモ帳よりも機能性が優れていて、たとえば入力中にコードを保管して続きを自動表示してくれたり、書いたコードをコンピューターが読めるように変換してくれたりします。

ドローツールはフローチャートなどを書けるツールです。プログラミングを行う際に、ロジックを組み立てるためにドローツールを使います。コードの保存や公開ツールは使用しなくても良いのですが、人のコードを読むことでスキルアップにつながります。

これらのツールは自分で用意しなくても、プログラミングスクールを利用すれば講師から共有してもらえます。親が詳しい場合やリサーチできる場合、親がサポートすることも可能でしょう。

確実にプログラミング学習を進めたいならプログラミングスクールがおすすめ

親がサポートしながらであれば、自宅で子供がプログラミング学習を進めることは可能です。パソコンとインターネット環境さえあればプログラミングを始めることができ、子供がわからない部分も親が教えることでプログラミングを進められるからです。

ただし子供に教えるためには親が学習することや、教える時間を確保することが必要になります。現実的に厳しい方も多いでしょう。そこで、プログラミングスクールを利用するのがおすすめです。

プログラミングスクールなら、まったく知識がないゼロの状態からでもプログラミングを学べます。また学習につまづいたときには講師がサポートしてくれるので、子供が挫折してしまうリスクも少なくなります。

親が教えるよりも初動でうまくいかないリスクや途中で挫折してしまうリスクが少なくなるので、親が忙しい中で子供が確実にプログラミングスキルを身に付けていくためにはプログラミングスクールの利用が良いでしょう。

\ オンラインでも体験可能! /

小中高生プログラミング無料体験

仙台のプログラミングスクール『サクール』では、実際の教室の雰囲気を体験できる無料体験教室を実施しております。普段からサクールに通っている子どもたちの隣で、簡単なゲーム制作を楽しんでいただけます。仙台市内2つの教室とオンラインで開催。所要時間は1時間程度、手ぶらでOKです。ぜひ1度ご体験ください。

無料体験予約