【イベントレポート】Sachoolでクリスマス会を開催しました!

こんにちは!

あけましておめでとうございます。
旧年は大変お世話になりました。
本年も皆さまのプログラミングライフをサポートできるよう励んでまいります!

さて、今回は(年を越してしまいましたが)去年12月22日に行われたSachoolのクリスマス会の様子をレポートします!

今回のクリスマス会では

  • タイピング
  • Scratchタイムアタック
  • プレゼン発表

の3種目を開催しました!

ゆる〜い雰囲気で楽しく…と思いきや、かなり熱の入った時間になったようです!

それではどうぞ!

 

第1種目「寿司打王グランプリ🍣」

日頃のタイピング修行の成果を存分に発揮していただきました👌

 

1位の生徒はなんと5180円!
大人顔負けのタイピングスキルを発揮していただきました👏👏👏

 

第2種目「Scratchタイムアタック⏳」

Sachoolで日々、取り組んでいるテスト「Sachool Scratch Assessment Test」(通称SSAT)

こちらのクリスマスバージョンをご用意して、制限時間内に取り組んでいただきました!

普段の検定試験よりも短い時間での制作とあって、先ほどのタイピングに比べて集中が凄まじかったです。。。!

 

お昼「クリスマスパーティランチ🎄」

お昼休みはみんなで一緒にランチ!
今回は「ヘルシーハット」さんにお願いして、小麦・卵・牛乳などのアレルギーに対応したお食事をご用意していただきました!

なんとクリスマスケーキまでありました(すぐ食べたのでまさかの写真なし…)。何も気にせずみんなで食べるご飯は、やっぱり美味しいですね!

普段時間帯も教室も学年も違う生徒たちが楽しく会話しており、ちょっとだけウルっときてしまった運営でした。。笑

 

第3種目「Sachool Kids Grand Prix🏆」

最後は事前申し込み制のプレゼン大会!
それまでに制作してきた作品や、自分の興味関心などについて、各々にプレゼンしていただきました。

①テーマ『頭痛はなぜおこる?』

弁論大会で全国まで行った実力の持ち主!とてもわかりやすく発表してくれました。最初に発表した彼を見て、発表の参考にした生徒が多かったと思います。

 

②テーマ『2Dたてシューティング』

数少ないUnity勢!月2回コースながら、持ち前の英語力で一生懸命にチュートリアルに取り組んでいただいていました。
彼の強みは「アレンジ力」。お手本の作品があったら必ず自己流のアレンジを入れられるその器用さに、講師陣も感心しています。

 

③テーマ『すしタイピング』

「好きすぎてScrtatchで作ってしまった」という彼の作品は、「妹でも遊べるように」と、難易度を4種類に設定。他にも残り時間が見やすくなっている等、ただただ本家をマネするだけでなく、遊ぶ人を意識した工夫がされており、見た目以上に考えられている作品となっています。

 

④テーマ『ネオ・ピンポンゲーム』

2つのピンポン玉を打ち返し、お邪魔アイテムなどもある、ピンポンゲームのアレンジです。「どこから思いつくの?」という発想力は、目を見張るものがあります。

 

⑤『Scratchで3Dゲームを作ろう』

最後はScratchエバンジェリストの彼。
Youtube上でScratchのわかりやすい解説動画をアップしている「Scratch Youtuber」としても活躍しています。

そんな彼のテーマはScratchでUnityのように3Dゲームを作るには?というもの。

決して簡単ではない話を、聞き手に伝わるようわかりやすく解説してくれました。講師陣も勉強になる部分があり、大変ありがたいお話でした。

 

結果発表&写真撮影

最後は各種目の表彰と、写真撮影を行いました!

忙しい中ご参加いただいた子どもたち、そして子どもたちをサポートしてくださった保護者の皆さまに、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました!

最後に動画でもまとめてみましたので、よろしければご覧ください。

 

Sachoolでは今後もよりたくさんの子どもたちが「ともに作りあげていける場」を盛り上げていきたいと思います。
2020年も何卒よろしくお願いいたします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*